MENU

湯沢で「eスポーツフェスタ」開催へ 県内外のプレーヤーがエントリー

2020.01.08

体験型イベント「eスポーツフェスタ」が1月12日、湯沢市役所(湯沢市佐竹町)1階ロビーで開かれる。

コンピューターゲームのプレーをスポーツとして捉える「eスポーツ」。現在、海外を中心に開かれる賞金付きの大会に出場するなど、プロとして活動するプレーヤーが増えている。

地元スポーツクラブでつくるNPO法人「ゆざわサンマリッツスポーツクラブ」(湯沢市沖鶴)とIT団体「デジナーレ情報学研究所」(倉内)が2019年から体験イベントを開く。

今年は、県内外のプレーヤーがエントリーしている。27インチのディスプレーを使い、武器もしくは素手などを用いて戦うアクションゲーム「フォートナイト」や、カーレースゲーム「グランツーリスモ」、「みんなのゴルフ」の3種でプレーの腕を競う。ユーチューブでライブ配信を予定する。

同研究所の高橋一俊所長は「今後も半年に1度は開きたい。来場者向けに体験コーナーも設ける。イベントを通じて、eスポーツの普及に取り組みながら、皆さんに楽しんでもらえればうれしい」と話す。

開催時間は10時~14時。入場無料。

地図

 

  • 湯沢で「eスポーツフェスタ」開催へ 県内外のプレーヤーがエントリー
  • 湯沢で「eスポーツフェスタ」開催へ 県内外のプレーヤーがエントリー